XenonText

electronでRedux DevToolsを使う!

はじめに

electron と Reduxを使ってエディタを作成しているんですが,
やっぱり動的にReduxを操作したいってことでRedux DevTools Extension
を使用することにしました. ついでにReactのDevToolsも入れます.
electronを使った場合が日本語であまりなかったので紹介します.

前提

electron, Reduxを使っている前提とします(当然ですが)

手順

まず, electron-devtools-installerを入れましょう.

npm install electron-devtools-installer --save-dev

or

yarn add electron-devtools-installer -D

次にメインプロセスの部分に以下のように追加します.

//index.js
import installExtension, {
  REACT_DEVELOPER_TOOLS,
  REDUX_DEVTOOLS,
} from 'electron-devtools-installer';

...
...
...
//electronを起動時にDevToolsを開く(これ便利だからおすすめ)
win.webContents.openDevTools();

installExtension([REDUX_DEVTOOLS, REACT_DEVELOPER_TOOLS])
.then((name) => console.log(name))
.catch((err) => console.log(err));

これで以下のようにReduxとReactのDevToolsが入りました!

しかしReduxの方をみてみるとなんか言われています…

「ストアがみつかんないよ!!」

というわけでストアを接続してあげましょう.

ストアを作成しているところをみてください.
一般にcreateStore関数があるところです.

 const store = createStore(
   reducer,
   // 以下を追加
   window.__REDUX_DEVTOOLS_EXTENSION__&& window.__REDUX_DEVTOOLS_EXTENSION__()
 );

window〜を追加してください. これでストアを接続できました.

とらゼミの場合

この節はトラハックのエンジニア学習ゼミ【とらゼミ】の日本一わかりやすいReact-Redux入門
で勉強した方向けになります. 対象でない方はスキップしてください. m(_ _)m

とらゼミではreduxのcreateStoreをreduxCreateStoreという名前でimportしていました.

//store.js
import { combineReducers, createStore as reduxCreateStore } from 'redux';
import EditorReducer from '../editor/reducers';

export default function createStore() {
  return reduxCreateStore(
    combineReducers({
      editor: EditorReducer,
    }),
      // 以下に追加
    window.__REDUX_DEVTOOLS_EXTENSION__ &&
      window.__REDUX_DEVTOOLS_EXTENSION__(),
  );
}

これはなぜかというと他の場所(index.jsx)でcreateStore関数をつかってストアを作成したかったからです.
よってwindow〜を追加する場所は上記のようにstore.jsの中になります.

結果

以下のようになったら完了です.

おわりに

Let’s Redux!!

0
そーたの技術ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました